黒酢 レシピ

お手軽黒酢ドリンクレシピ

黒酢,レシピ

身近な果物を使って作る、フレッシュなお手軽黒酢ドリンクはいかがですか?

 

バナナ黒酢は黒酢にバナナとはちみつをそれぞれ同量用意します。(目安として、黒酢500mlに対してバナナとはちみつを500グラム)皮をむいたバナナを2cm程度の輪切りにし、はちみつと一緒にビンに入れてそこに黒酢を注ぎ入れます。毎日1回混ぜながら、1週間〜10日でできあがり。そのあとのバナナは取り出して下さいね。もちろんバナナもそのまま食べられます。できたバナナ黒酢は、水で割ったり、黒酢を炭酸や牛乳などで薄めて簡単黒酢ドリンクのできあがり。

 

同様にして、パイナップルを使ってパイナップル黒酢ドリンクも作れます。この場合は、黒酢500mlに対して、輪切りにしたパイナップルと氷砂糖をそれぞれ500グラム用意します。バナナ黒酢と同じようにビンに入れて、1週間〜10日で出来上がりです。毎日1回混ぜるのを忘れないで下さいね。もちろん取り出したパイナップルもそのまま食べられます。

 

青梅と氷砂糖を使って同じように作った黒酢ドリンクはさっぱりとしていて、初夏から夏にかけてのおいしい黒酢の飲み方です。黒酢を炭酸で割って、レモンやミントの葉を浮かべて飲むだけでも、すっきり美味しい黒酢ドリンクが楽しめます。黒酢でダイエットや疲労回復、メタボ解消に、黒酢で作ったオリジナル健康ドリンクレシピをいろいろと試してみるのも楽しいですよ。

背中ニキビ

背中ニキビができやすい人の一つの特徴は、乾燥肌であるという点にあると言えるでしょう。基本的に言って、お肌の水分と皮脂の分泌量のバランスが良い場合、お互いの作用によってお肌の水分が十分に保持され、乾燥を防ぐことができるようになっています。

 

ところが、もともと背中には皮脂腺が少ないため、どうしても皮脂の分泌量が少なくなってしまう傾向にあります。つまり、皮脂の分泌が多い他の部位と比較すると、乾燥しやすい部位であるというわけです。このように、皮脂の分泌量が少なく、乾燥しやすい状態にあると、当然水分も不足してしまいます。

 

これによって、角質層は硬くなり、毛穴も通常より細くなってしまいます。こうして細くなった毛穴の場合、角質や皮脂などによる角栓ができやすい状態にあると言えるでしょう。こうした環境こそ、背中ニキビができやすい環境と言えるのです。

 

中には、自分の背中を触ってみると脂性肌のように感じる方がいるかもしれません。そう感じておられるとしても、実際は乾燥肌であり、乾燥から大切なお肌を守るために皮脂がたくさん分泌されているだけという場合もあるものです。この場合も、やはり水分が不足しているために背中ニキビができやすいと言えるでしょう。

 

もちろん、自分の背中はなかなか観察することができない部位ではありますが、特に乾燥肌の人は十分な保湿に心がけることによって、背中ニキビができにくい環境を作ることができるでしょう。その保湿を助けるのがメルライン。まずは、メルラインの口コミをチェック!

続きを読む≫ 2017/06/10 20:36:10

鶏肉,黒酢2

鶏肉の黒酢料理のレシピは、人気がありますね。油を使った料理に黒酢が入ると、とてもさっぱりとして、口当たりも良く、いくらでもご飯が進む味になります。

 

手軽に作れるのが、鶏肉の黒酢炒め。食べやすい大きさに切った鶏肉に、ゴボウやピーマン、パプリカ、椎茸など、中華にあう野菜を入れて一緒に炒めます。味の秘訣はもちろん黒酢。砂糖、黒酢、酒、醤油や、好みに応じてオイスターソースなどを加えて合わせ調味料を作り、こんがりと焼いた鶏肉や野菜に絡めます。家族中が喜ぶ美味しさで、きっと食卓の定番になりますよ。

 

ごはんのおかずとしてはもちろん、お酒の肴にもぴったりですね。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも合うと思います。鶏肉の黒酢煮込みも美味しいですよ。これには、骨付きの手羽中などを使うと、より美味しくできあがります。

 

あらかじめ両面を皮がパリパリになるまで焼いて焦げ目をつけた鳥肉を、黒酢と醤油、砂糖、お酒、水で作った合わせ調味料の中に入れて30分ほど弱火でじっくりと煮ます。中までしっかりと味の染みた鳥肉は、骨からお肉がすっととれるほど柔らかくて、とっても美味ですし、煮込む時、一緒にゆで卵を入れておくと、おいしい煮卵ができますよ。鶏肉が黒酢でさっぱりとコクのある味に仕上がります。ぜひ一度、作ってみてくださいね。いぬのきもち口コミ

続きを読む≫ 2016/08/01 21:59:01

りんご,黒酢2

りんご黒酢は、ダイエットや疲労回復の他、便秘にも大きな効果を発揮します。

 

りんごには、豊富な食物繊維が含まれていて、腸の働きを活発にし消化吸収を助けます。繊維成分であるペクチンは、整腸作用を促します。この働きに、黒酢の効果で新陳代謝を良くし、便通を促す効果が、相乗作用として働き、便秘解消に役立ちます。

 

また、りんご黒酢を飲むと、りんごに含まれるカリウムが働き、体内の余分な塩分を排出、慢性疲労や筋肉の発育不全にも効果があるとされています。こんな効果のあるりんご黒酢を、家庭でも手軽に作ることができます。りんご黒酢は、店頭や通信販売でも、色々なものを手に入れることができますが、手作りのりんご黒酢を試してみるのも、なかなかいいかも知れませんよ。

 

手作りりんご黒酢の作り方は、りんご100グラムを良く洗い、薄くスライス、水気が残らないように、キッチンペーパーでよく拭いておきます。りんごと黒糖80グラムを容器に入れ、そこに黒酢200mlを注ぎ、軽くかきまぜ、電子レンジで20〜40秒過熱して、1日寝かせると出来上がりです。りんごは傷のあるものや、少しボケたものでも大丈夫ですよ。できるだけ糖分の高いりんごを使った方が、美味しく出来あがります。ノンエーの口コミ

続きを読む≫ 2016/08/01 21:58:01

黒酢,にんにく1

黒酢にんにくは食べて良し、飲んで良し、調味料としても、幅広く利用することができ、人気の黒酢料理のレシピのひとつです。

 

黒酢にんにくのレシピですが、密閉できるビンににんにくを入れ、黒酢をひたひたに注ぎます。これを直接日光の当たらない涼しい場所に2週間以上おいておくだけで、黒酢にんにくができあがります。とっても簡単にできて身体に良い黒酢にんにく。料理の時に調味料として使うほか、お湯割りや焼酎割りにして飲んだり、餃子のたれにしても美味しいですよ。漬けたにんにくはカリカリになって、臭みも辛味も抜けるのでそのまま食べても美味です。

 

メタボで悩んでいるという人は、黒酢のパワーで内臓脂肪を燃焼でき、疲れやすいという人は、黒酢の効果で疲労物質を効率よく分解、代謝を高めることができます。また、黒酢に含まれるアミノ酸は、血中コレステロールを下げてくれます。にんにくの滋養強壮の力と黒酢のアミノ酸、クエン酸の力で、慢性的なだるさや疲れが抜けないなどのゆううつな症状の改善に、効果を発揮してくれることと思います。

 

黒酢にんにくを常備して、毎日少しずつ摂ることを習慣にすると、気がついたら身体が軽くなっていた、なんてことになるかも知れませんよね。

続きを読む≫ 2016/07/31 22:04:31

黒酢,ドレッシング2

黒酢ドレッシングを家で手作りできないかな、と思って、黒酢のレシピを探してみました。

 

黒酢たれ、というのがありましたよ。黒酢と醤油を同量に、ネギのみじん切りを入れる、というシンプルなもの。炒飯や炒めものに合いそうですね。黒酢大さじ3にごま油大さじ2、薄口醤油大さじ2黒コショウ少々、という分量で混ぜ合わせた黒酢ドレッシングを見つけました。トマトにかけて食べると美味しいと載っていました。簡単にできるので、試してみたいですね。

 

味をなじませるのに、少し寝かせてから食べた方が良いみたいです。黒酢と醤油ににんにくを混ぜたものに、フライドオニオンを加えた変わりわざも。最近流行りの食べるラー油にちょっと似た食感?オリゴ糖を加えると、甘みがでて、胃腸にも良い黒酢ドレッシングの出来上がりです。

 

オイスターソースと山椒をまぜた中華っぽい黒酢ドレッシングも美味しそう。こうして調べて見ると、家庭でもとっても手軽に黒酢ドレッシングを作って楽しむことができるんですね。野菜だけでなく、魚介類やお肉にかけても良いし、私は市販の黒酢ドレッシングを冷奴にかけて、お酒のおつまみにしたりもします。どうせ食べるなら、体に良いものを上手に取り入れて、毎日の食卓から健康になりたいですよね。さらに、黒酢ダイエットも出来れば最高ですね。

続きを読む≫ 2016/07/31 22:02:31

黒酢,牛乳1

黒酢は、毎日飲むのが理想ですから飲み飽きしないためにも、色々な飲み方の工夫があるといいですね。意外と皆さんに人気がある黒酢のレシピが、黒酢の牛乳割りです。ちょっと聞くと意外な感じがしますが、これが飲みやすいと評判です。黒酢の酸っぱさが苦手、という人も黒酢牛乳なら酸味が緩和されて、美味しく飲めるといいます。

 

作り方は、とっても簡単で黒酢に牛乳を入れて混ぜるだけです。量はお好みでいいと思いますが、牛乳150mlに対して、黒酢を大さじ2というレシピを見つけました。黒酢に牛乳を入れると、トロミが出て飲むヨーグルトのようになります。そのままでもなかなかいけますが、ハチミツを入れたり、オリゴ糖で甘みをつけたりして飲む人も多いようですね。

 

黒酢牛乳は、お通じに効果がありますが、オリゴ糖を入れて飲んでいるとビフィズス菌が増えるので、整腸作用で効果が増しそうです。注意したいのが使う牛乳ですが、低脂肪牛乳を使うのはやめた方がいいみたいです。脂肪分が少ないためかトロミが出ないそうです。黒酢牛乳なら小さなお子さんでも、おいしく飲めるかも知れませんね。ぜひ試してみてください。

 

ミツカンのブルーベリー黒酢を牛乳に混ぜて飲んでいる人が、多いように感じました。普通の黒酢よりもフルーティで飲みやすいのかもしれませんね。

続きを読む≫ 2016/07/30 22:07:30

黒酢,バナナ2

黒酢バナナは、以前テレビで放送されていた細木数子さんの『ズバリ言うわよ!』でも、細木流特製健康ジュースとして、紹介されていました。

 

細木流黒酢バナナの作り方は、黒砂糖300gを容器に入れ、適度に輪切りにしたバナナを入れる。そこに黒酢500mlを入れる。軽くかき混ぜ冷蔵庫で一晩以上寝かせる。飲むときにはこれを3分の1グラスにいれ、残り3分の2は牛乳を入れて割って飲むとヨーグルト風味になるということです。この特製黒酢バナナは、あの元横綱、朝青龍も減量のために飲んでいたそうです。

 

黒酢バナナには、様々な効果がありますが、バナナに含まれるカリウムが、摂りすぎた塩分を体外に排出してくれるので、通風にも良い、という話もあります。黒酢バナナには、バナナのカリウムやマグネシウムが酢の中に溶け出るので、必須アミノ酸などの健康成分の働きに加え、余分な塩分を体外に出してくれる働きもあるということです。デトックス効果で健康にもお肌にも良く、黒酢ダイエット効果も期待できる。

 

中性脂肪を下げ、ボケ防止や心臓にも良い。メタボに悩む中年男性にも、アンチエイジングに取り組む女性にも、黒酢の効果を倍増させるドリンクと言えますね。もちろん、すぐれた疲労回復効果もあり、元気に走り回る子どもにも、積極的に飲ませたいドリンクです。

続きを読む≫ 2016/07/30 22:06:30

黒酢あん,レシピ2

黒酢のレシピ、色々見ているとどれもおいしそうですぐにも作ってみたくなります。家族のよろこぶ顔を思い浮かべると、お料理にも熱が入りますよね。

 

あんかけや、あんを絡めたお料理は、食べやすいのが特徴ですね。黒酢は、身体に優しくて健康にいい栄養素がたくさん入った理想的な食品ですから、小さなお子さんからお年寄りまで、安心して食べることができます。黒酢あんのレシピをいろいろ覚えて、家族みんなで黒酢を使ったお料理をおいしくいただきたいですね。

 

黒酢あんのレシピでは、やはり肝心のあんの作り方がかぎになりますよね。分量などはさまざまですので、味見をしながら自分の家族の味を見つけて下さいね。詳しい作り方や写真は、ネットでたくさん見つけられます。面白いな、と思ったのは、レンジで作る簡単あん作りです。

 

分量のしょう油と水、砂糖を耐熱ボールに入れて1分過熱。水と片栗粉を混ぜたものをそのボールに入れて泡だて器で良く混ぜます。それをレンジで30秒過熱して取り出して泡だて器で混ぜ、これを3回繰り返すとなめらかなあんができるそうです。最後に黒酢を加えて、良く混ぜて仕上げます。これなら1人暮らしの人でも簡単に黒酢あんレシピを楽しめそうですね。

 

アイディア次第でいくつでも思いつきそうな黒酢あんメニュー。美味しくできるといいですね。

続きを読む≫ 2016/07/29 22:11:29

黒酢,酢豚1

酢豚は食卓でもお馴染みのメニューのひとつですが、黒酢の酢豚が人気になっているんです。

 

黒酢酢豚は、普通のお酢の変わりに、健康に良く、味も濃厚な黒酢を使うことで、味に独特な深みのある酢豚となります。黒酢のレシピというほどでもなく、黒酢酢豚の作り方はいたって簡単で、普通の酢豚を作るように、下味をつけて素揚げをした豚肉と、下ごしらえした野菜を混ぜ、黒酢を使って作った合わせあんを絡めていくだけです。

 

お肉を軟らかく美味しくするコツは、下味をつけるときに、一緒に溶きほぐした卵をもみこむこと。黒酢はちょっと・・・と苦手な人でも、黒酢酢豚は抵抗なく美味しく食べられる一品になると思います。黒酢をお料理に使う人も多いですが、酢豚の黒酢料理のレシピはその中でも手軽に、美味しく作れる上、健康にも良いメニューなので、家族揃って食べられますよね。

 

黒酢酢豚を作ってみたいけど、美味しいかどうか試してみないとわからないし、国産の黒酢は高いから、という人は、中国酢を使って見て下さい。中国酢はコクがあって、油との相性もばつぐん。柔らかな酸味と甘みがあって、油料理をすっきりと仕上げ、過熱料理にはとても適しています。お値段も、輸入食品店で「鎮江香醋」などとして、300円くらいで売っているものを使っても、過熱料理なら、十分おいしく食べられるそうですよ。

続きを読む≫ 2016/07/29 22:09:29

福山,黒酢2

日本でただ一つの壷造り製法が守られている福山黒酢のうちでも、さらに特別な存在なのが至高の黒酢と評されている桷志田(かくいだ)です。そのまろやかな味と深い琥珀色は、名杜氏・赤池力さんがひとつひとつ手間と時間をかけて造り上げた名人技が生みだす芸術品と言ってもよいでしょう。

 

黒酢ダイエットブームが起きた今でも、黒酢独特の匂いと味が苦手で、飲みたくても飲めない、使えない、という人も多いですよね。でも、桷志田は、そんな人でも水で割るだけで美味しく飲める、稀有な存在の純米黒酢なんです。良質なお米と麹、福山町の湧水を使い、伝統的製法で時間をかけて熟成された桷志田。福山の黒酢の中でも桷志田は、2年以上の歳月をその熟成にかけて製造されます。中には5年をかけて造られたものもあります。

 

黒酢は、発酵熟成期間が長ければ長いほど、色が濃くなり、風味も深く増していきます。機械を使って造った米酢造りの黒酢では、伝統の黒酢の味は到底真似できません。本物の黒酢を飲みたいと思うなら、福山黒酢、それも桷志田であれば、黒酢は飲みにくい、という先入観も払拭されるに違いありません。健康を願って飲む黒酢ですから、自然の良質な材料を使い、恵まれた環境の中で黒酢杜氏が手間と愛情をかけて育てたこだわりの福山黒酢をぜひ試してみたいですね。

続きを読む≫ 2016/07/28 22:14:28