背中ニキビ

背中ニキビが出来やすい人の特徴:乾燥肌

背中ニキビ

背中ニキビができやすい人の一つの特徴は、乾燥肌であるという点にあると言えるでしょう。基本的に言って、お肌の水分と皮脂の分泌量のバランスが良い場合、お互いの作用によってお肌の水分が十分に保持され、乾燥を防ぐことができるようになっています。

 

ところが、もともと背中には皮脂腺が少ないため、どうしても皮脂の分泌量が少なくなってしまう傾向にあります。つまり、皮脂の分泌が多い他の部位と比較すると、乾燥しやすい部位であるというわけです。このように、皮脂の分泌量が少なく、乾燥しやすい状態にあると、当然水分も不足してしまいます。

 

これによって、角質層は硬くなり、毛穴も通常より細くなってしまいます。こうして細くなった毛穴の場合、角質や皮脂などによる角栓ができやすい状態にあると言えるでしょう。こうした環境こそ、背中ニキビができやすい環境と言えるのです。

 

中には、自分の背中を触ってみると脂性肌のように感じる方がいるかもしれません。そう感じておられるとしても、実際は乾燥肌であり、乾燥から大切なお肌を守るために皮脂がたくさん分泌されているだけという場合もあるものです。この場合も、やはり水分が不足しているために背中ニキビができやすいと言えるでしょう。

 

もちろん、自分の背中はなかなか観察することができない部位ではありますが、特に乾燥肌の人は十分な保湿に心がけることによって、背中ニキビができにくい環境を作ることができるでしょう。その保湿を助けるのがメルライン。まずは、メルラインの口コミをチェック!